TOKYO DAYS PRODUCTION COMMITTEE

写真家・小川義文監修
アマチュア写真家育成プログラム
第10回 「花の写真グループ展」

2024年8月28日(水曜日)〜9月1日(日曜日)
11:00〜18:00
代官山ヒルサイドフォーラム
入場無料

5分で生けて、コンデジで撮る」をコンセプトに、201412月に発売した花の写真集「MOMENT OF TRUTH」をきっかけに、花の写真グループ展を9年間に渡って開催してきました。写真と花の好きなアマチュアのみなさんを対象に、「半逆光」を捉える小川メソッドを繰り返しレクチャーすることで、多くの方がハイアマチュアの領域へと育ってきました。

私が目指したのは、これまで長年に渡り写真家として培ってきた知見を生かし、メンバーのみなさんがプロと同じ経験を積み、レベルの高い知識を習得しかつ応用できるようになること、それが「アマチュア写真家育成プログラム」の狙いです。
そして、2024年にはこの活動も10年目を迎え、いよいよ代官山ヒルサイドテラスのメイン会場である「ヒルサイドフォーラム」での開催となります。世界のクリエイターから「写真家の聖地」として認知されている会場での開催は、作品を鑑賞してもらう喜びを知る「写真の使命」、写真表現を伝えるという「写真の本質」を楽しむにはこれ以上ないステージになると思います。

10回目を迎える「アマチュア写真家育成プログラム・花の写真グループ展」は2024828日(水)から91日(日)までの5日間開催します。今年のテーマは「美花選」。アマチュアとは思えないクオリティの高い作品を、ぜひご覧ください。
 

写真家・小川義文

写真展テーマ:「美花選」

18世紀のフランス王妃、マリー・アントワネットに仕えたベルギー生まれのフランス人宮廷画家、ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテの作品集に「美花選」という花の画集があります。花や植物の美を印象深くとらえ、構図と色彩も秀逸で、花写真に通じるものがあります。以前から、この作品集のような美しさがつまった写真展にしたいと思い続けていました。今回のグループ展では、メンバー32名がそれぞれの「美花選」を写し撮った多彩な作品を組写真で展示します。

今回のグループ展に向けて、2023年の9月よりゴールに向けて毎月ワークショップを開催しています。写真家の小川義文がメンバー全員とマンツーマンでどのような花写真を撮り、作品に仕上げていくか「言語化」することにより、表現を明確にするプロセスを大切にしています。何を表現したいのか、その思いや狙い、なぜそうなのかという背景などを客観視することで、来場者に鑑賞していただく時に各自の花ストーリーを自身の言葉で語ることが可能になります。 また、ハウススタジオを借り切っての撮影会や大型バスをチャーターしてローズガーデンを訪れる屋外撮影会、プロラボとの提携で作品に最適な写真用紙を選択するプリントワークショップなど、アマチュアのみなさんにとって、なかなか経験のできないプログラムとなっています。

■会場

代官山ヒルサイドテラス ヒルサイドフォーラム

150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8
代官山ヒルサイドテラス ヒルサイドフォーラム

■アクセス

東急東横線[代官山駅]下車 徒歩4分
東急東横線・東京メトロ日比谷線[中目黒駅]下車 徒歩8分
JR山手線・JR埼京線[恵比寿駅]下車 徒歩12分
東京メトロ日比谷線[恵比寿駅]下車 徒歩9分

小川義文 略歴

東京生まれ。写真家。花の写真FBグループ展主宰。
自動車写真の第一人者としてコマーシャル、雑誌などで活躍。著書には「写真家の引き出し/幻冬舎」、「小川義文 自動車/東京書籍」他がある。日本自動車ジャーナリスト協会会員。
 

主催:TokyoDays製作委員会

写真家・小川義文、デザイナー・笹川寿一、プロデューサー・宮崎秀雄の3名のクリエイターによるクリエイティブユニット。花の写真集「MOMENT OF TRUTH」の自費出版から花のグループ写真展など、写真や車を素材としたクリエイティブワークを多くのメンバーとシェアするプラットホームとして運営。