Member 01
青木 敏男
Toshio Aoki

友人の石原さん(第4回花の写真FBグループ展参加)のお誘いで今回初参加となります。「5分で生けて、コンデジで撮る」のコンセプトに共感し参加しました。今まであまり花と向き合う事がなかったので、今回光を見定め、じっくり花を眺め、その相乗効果で美しい瞬間が撮れた時の達成感は大きいです。


Member 02
浅間 純一
Junichi Asama

東京都生まれ。電気機器メーカーに27年間勤務の後、現在は医療法人理事。ドイツ・アメリカ・中南米での16年間の海外駐在を通じ多様な文化と自然に遭遇し、その影響を受ける。趣味の写真で国立新美術館での平泉展に数度入選。初回から連続5回の参加により、花の写真に真面目にそして楽しく取り組むようになりました。


Member 03
荒巻 令子
Reiko Aramaki

名古屋市出身。キャリアカウンセラー。ひょんなことから花写真のグループに仲間入りし、2年目をむかえました。咲き誇る花、終わりを迎える花たちを眺めながら、一瞬一瞬の連なりで、わたしの毎日ができていることに新鮮な驚きを感じています。少しでも多くの美しい瞬間を捉えられるよう、息をころし、目を凝らして光と影を追っています。


Member 04
有田 幸代
Sachiyo Arita

東京都出身。外資系金融機関に勤務。光と影を意識した花の写真FBグループ展に感銘を受け、今回で2回目の参加。カメラはまだ初心者ながら、レンズを通して見る花の世界に面白さを感じています。また、プロの方々やグループ・メンバーの様々な個性や感性に触れて心がより豊かになりました。


Member 05
石原 義之
Yoshiyuki Ishihara

1963年東京生まれ。自動車会社に入社し30年あまり開発に従事。2000年から6年間アメリカミシガン州に赴任、仕事と共にアメリカ文化を学ぶ。一昨年から花の写真を撮り始め、花の持つ精密な造形、葉脈に現れる幾何学的な生命の躍動感に魅了され、今では小川メソッドの光と影の美しさの表現に没頭しています。


Member 06
内田 るり子
Ruriko Uchida

コンデジから始まった私の写真ライフ。機材はあれこれ変わっても、いつも変わらずレンズを向けてきたのはお花たち。切り花や公園のお花、路傍の野草まで、お花に癒されお花に語りかけながらシャッターを切ってきた。美しいお花に巡り会えたこと、写真の面白さに目覚めたこと、素晴らしい仲間と共に、写真展を開催できたことすべてが私の「MOMENT OF TRUTH」。


Member 07
江渡 裕美
Hiromi Eto

兵庫県出身。日本紅茶協会認定ティーインストラクター、ティージュ ティークリエイター。花の写真を撮り始めてから、窓からやわらかく差し込む冬の早朝の光や、建物に反射する金色に輝く夏の夕陽など、その時々のさまざまな光と影を感じて楽しんでいます。また、季節ごとに咲く花々との一期一会を大切に撮影を楽しんでいます。
 


Member 08
大山 れいこ
Reiko Oyama

今年で4回目の参加になります。年々、花写真撮影の奥深さと魅力を知れば知るほど、自分の力不足に心は押し潰されそうになる私ですが・・(ウワァ!〜凄いかも〜?)・・と500回に1度くらい・・アマチュアの自己満足に過ぎないと知りながらも・・自分の想像を超えた写真が“間々”撮れる事があり・・その瞬間の喜びと驚きに・・今は夢中なんです。


Member 09
加来 美代子
Miyoko Kaku

このグループに入り、花の撮影に大切な光と影を学んで3回目の参加になります。知れば知るほどその奥は深く、葛藤しながら撮影を楽しんだ半年でした。今はお花屋さんで選んできた大好きな花の撮影をする時間が私の楽しみのひとつになっています。


Member 10
川瀬 章裕
Akihiro Kawase

東京都出身。テーマを持って撮影することの難しさや楽しさをこのグループ展で経験し、気がつけば4回目の参加となりました。花を育てることにも興味を持ち始めるなど、思わぬ副産物も生まれ、今では写真とガーデニングが生活の一部となっています。


Member 11
河野 弘美
Hiromi Kawano

昨年グループ展で素敵な作品を拝見し、とても興味を持ち参加しました。カメラは初心者ですが、小川先生や先輩方のご指導と花の美しさに助けられ、どうにか自分なりの作品を撮ることができました。撮るにつれ自分の写真の稚拙さを思い知らされますが、これからも光と花、良い作品を見て、楽しく写真と関わりたいと思います。


Member 12
川俣 フランク 
Frank Kawamata

今回で花の写真FBグループ展に参加するのも4回目となり、作品も2×4で8枚たまりました。さすがに自宅には全部まとめて飾る場所がないので東京・神田に『川俣フランク花の写真』常設ギャラリー=“Aji Gallery”をOPENしました(笑)。入場無料ですが、完全予約制の展示となります。皆さんぜひ遊びに来てください。半分ホント。


Member 13
吉川 正敏
Masatoshi Kikkawa

元自動車メーカーの開発エンジニアで、現在は自動車産業に特化した情報サービス会社役員。5年目の今回の写真展は、アネモネが見せてくれる表情豊かな美しさに惹かれて、ずっと撮り続けました。アネモネへの恋する気持ちが、どう写し込まれているか、見て楽しんでいただけたら幸いです。


Member 14
塩川 千賀子
Chikako Shiokawa

一眼レフに触れてから20年。子どもの写真に始まり、景色やスナップ、そしてスポーツを追いかけています。グループ展は2年ぶり3回目。夢中だった初回、苦しんだ2回目、参加せず寂しかった昨年。今年は楽しむと意気込んだものの表現力に悩む日々。「凛々しさ」と「優しさ」を感じていただけたらうれしいです。 


Member 15
清水 俊介 
Shunsuke Shimizu

東京在住。神奈川県葉山町出身、幼少期は父親の仕事でシンガポールに暮らす。建材メーカーで20年以上の間、新商品開発に従事。2012年クルマ好きとして憧れの写真家・小川義文氏にFacebookで出会い、2015年の第1回写真展から参加。写真活動が公私ともに影響を与え始め、充実した40代を過ごしている。


Member 16
添田 まさ江
Masae Soeda

東京都出身。東京都行政書士、A・F・Tカラーコーディネーター。4回目の参加になります。回を重ねるごとに、珍しい花に出会い 新しい花の名前を覚え、お気に入りの花器が増えてきました。ファインダー越しに花を包み込む美しい光を見つけた時のときめきと喜び…この一瞬の感情を永遠の記憶にしたいと、今日もカメラを手にしています。


Member 17
豊谷 慎吾
Shingo Toyotani

昨年に続いての参加です。これまではほぼ飛行機と鉄道しか撮っていませんでしたが、小川先生のご指導のおかげで、花々と光の織りなす美しさが、少しだけわかってきたように感じます。でも、花の名前はなかなか覚えられません(笑)。高校の写真部の時以来かなぁ〜、こんなにシャッターを押すのが楽しいのは。


Member 18
中尾 博
Hiroshi Nakao

自動車会社でクルマのデザイン・企画開発を経て、現在は広報館で展示企画デザイン・運営などの仕事をしています。小川義文さんとは、19年前に仕事を通じて出会いました。この会に以前から参加している友人の誘いで2年前から参加しています。撮影の機会や話す仲間が増え、写真の楽しさが増えました。


Member 19
中村 一之
Kazuyuki Nakamura

1957年生まれ。横浜市在住。中村デザインオフィス代表。
34年間自動車メーカーでデザインに従事し3年前に独立。高校・大学では写真部に在籍し、モノクロ撮影からフィルム現像、プリントまで経験。シンプルなデザインに惚れて手に入れた愛車のロータスエスプリは、今年で27年の付き合い。花の写真もシンプルな作品に挑戦中です。


Member 20
藤田 美香子
Mikako Fujita

築地にある柊先生のフラワーショップ「フィスタ」で、小川先生の作品に出逢いました。見た瞬間に、グッと引き込まれるような美しさに感動。私もこんな写真を撮ってみたいと思い、今回初めての出展です。新しく自分専用のカメラを買い、数回のワークショップを経験しただけですが、美しい光と影を見つける楽しみができました。


Member 21
眞家 タカシ
Takashi Maie

写真との出会いは中学一年の夏。現像引き伸ばしに至るまで没頭する。夏祭りの女の子を撮った写真が入賞するが、その後興味がバンド演奏に移ると写真への興味は失せてゆく。いつしか時代はデジタルに。カメラを買うが撮るべき被写体が見つからずを繰り返す。そんな時第1回花の写真展を知り参加。以来毎回参加で今回が5回目。今までの集大成としたい。


Member 22
松井 航
Wataru Matsui

趣味として写真、いけばなを始めて数年経ちました。それらを通じて出会った方々との交友もあり、写真や花は生活の一部となっています。美しいと感じた光景を共有できる写真という手段、花の美しさを引き出す過程で花に表れた自分自身を見つめられるいけばな、それらの楽しさを花の写真で伝えられればと思っています。


Member 23
三上 直子
Naoko Mikami

昨年に引き続き2回目の参加。日々の風景など写真を撮るのが好きで、3年前からモータースポーツの撮影に夢中になっている。今回の花写真のテーマは水と鏡。水や鏡を通すと光に変化が生まれとても楽しい。作曲家。エレクトロニック・コンポーザー・デュオ「Dual_N」にて活動中。


Member 24
満石 豊
Yutaka Mitsuishi

メンバーの松井航さんに誘われて、今回が初参加です。ここ数年はほとんどモノクロのスナップ写真ばかり撮っていました。しかし、モノクロのスナップ写真とは真逆の世界に挑戦したいと思い、カラーで花の写真を撮ってみることに。光とは当てるものではなく切るものだということを教わり光を見る目が変わりました。


Member 25
村瀬 啓方
Hiromasa Murase

私自身がクルマ好きということもあり、大学の先輩から小川義文さんをご紹介いただいたのがご縁で、今回初めて参加させていただきました。が、名古屋在住ということもありワークショップ参加もままならないまま、個人指導を受けながら初めて花の写真に取り組んでみました。花も写真も初めてで、とてもよい経験になりました。


Member 26
元木 賀子
Yoshiko Motoki

2019年は、日本にとっても、私にとっても節目の年。その節目の年に、2回目となる写真展参加を決めました。今回の私の課題は、「花そのものに向き合うこと」。華やかさや雰囲気、手をかけた背景などに頼らず、花一本、一本と丁寧に向き合う。今の私が見つめている花の美しさを見てほしいと思います。


Member 27
山田 円
Madoka Yamada

1968年生まれ、東京都在住。総合商社で海外戦略・販促を担当。3度目の参加では作品に加えポスター、作品集と写真歴の中で最多の撮影量に。花と光と影の半年間は長いようで、あっという間の時間でしたが、写真への理解を深める時間になりました。同時に花と季節の移り変わりも楽しめました。


Member 28
吉川 貴子
Takako Yoshikawa

いけ花嵯峨御流講師。大阪生まれ、横浜在住。数十カ国の海外の方々との出会いから、自国の文化に興味を持ちました。いけ花の背景にある精霊の世界、中国思想、神様仏様、宇宙・・・。写真があれば新しい扉が開きます。私はここで、いけ花と写真、花と光が融合する世界を目指し冒険中!

Special Guest

写真家・加納典明氏も今回で3回目のゲスト参加となります。
加納 典明
Tenmei Kano

Flower Designer

フラワーデザイナーの柊先生も、毎年花のアドバイザーとしてご指導いただいています。
柊 早苗
Sanae Hiiragi

Professional Coarch

メンバーサポート役として、プロフォトグラファー2名が参加しています。
三浦 のぼる
Noboru Miura

茂呂 幸正
Yoshitada Moro

第5回 小川義文監修
花の写真FBグループ展

代官山ヒルサイドテラス E棟ロビー
2019年7月18日(木)〜21日(日)

<入場無料>
開場時間:11:00〜19:00
150-0003
東京都渋谷区猿楽町29-8
ヒルサイドテラスE棟